残業代請求完全マニュアル

残業代を請求する人が増えています

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 請求する人が増えています

残業代を請求する人が増えています

残業代請求の裁判は、近年中小企業の退職者の間で増えています。
経営者側も、残業代をきちんと支払うと利益につながらない…と軽視しているところが多く、訴訟になったときに初めて事の重大さに気がつくようです。
残業代請求のためのハードルが下がりつつあり、もしかしたら未払いの残業代があるのかもしれない…と考える従業員が増えていることも一因です。

そもそも、自分が働いていると思っていない時間が残業時間として該当するというパターンもあります。
労働時間とみなされるのは、定義として「労働者が実際に労働に従事している時間だけでなく、労働者の行為が何らかの形で使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」とされています。
この解釈をどのようにするかによって、勤務時間が広がり実際には残業代を支払う必要があるという認定になるようです。

例えば、出勤前に職場の清掃をする時間、昼休み中に電話番をする時間…というのも、労働時間として加算されます。
この考え方では、「仮眠時間」すら労働時間と見なされることもあります。
使用者側の指揮命令下にある場合、例えば仮眠中も電話や警報に対応するように言われていたら、それは勤務時間とみなされる可能性が高いようです。

こうして自分の労働時間を振り返ったとき、もしかしたら未払い分の残業時間があるかもしれない…という人も居るでしょう。
もし、少しでも該当する残業時間があると感じたら、法律事務所などの無料相談に言ってみるのもよいかもしれません。
実際に法律家の目で見たときに、これは未払いで請求が通りそうだと鑑定してもらうことも可能です。
不当な労働状態では、自分の資本が買いたたかれているようなものです。
きちんと適正な給与をもらえるよう、自衛することが必要です。

残業代請求に掛かる弁護士費用は?