残業代請求完全マニュアル

残業を証明する証拠

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 残業を証明する証拠

残業を証明する証拠

未払いの残業代がある場合の請求方法は具体的にどんな準備をすれば良いのでしょうか。
裁判という手段にも通じるのですが、自分が残業をしていたと証明できるようにしなければなりません。
法定外残業とは、一日8時間以内、一週間で40時間の労働基準法の枠におさまらない部分での業務のことをいいます。
この労働基準法の枠外にあたる残業は、割り増し賃金で給与が支払われることになっています。

残業にあたる時間の勤務証明は、様々な方法で行う事が出来ます。
しかし、企業側に残業代請求の証拠を集めていることを悟られてしまうと、勤務先にしかない証拠を隠滅されてしまう可能性があります。
そのため、極力内密に証拠集めをすることが大切です。

では、どのようなものが証拠能力を持つのでしょうか。
まず、雇用通知書と言われる雇用契約を結んだ際の書類が必要です。
これには、勤務条件として、時間数や給与形態などが詳しく書いてあります。
双方のサインや押印が必要であり、雇用者側と労働者側で1枚ずつ保管することになっています。
残業代の支給についても会社の取り決めが書いてあるので、それが守られていないのであれば十分未払いの証拠となります。

同じように、会社の就業規則も「休日や休憩時間、始業終業時間」が明記してあるので、根拠資料として必要です。

こうした「会社の就業時間の根拠」を確保したら、いよいよ自分の勤務時間を証明する書類を準備しなければなりません。
一番良いのは、出勤退勤を記録するタイムカードなどを確保しておくことです。
残業時間がきちんと打刻されていれば、すなわちきちんとした証拠能力ある書類だと言えます。
その他には業務内容が書かれた日報も証拠となり得ます。
こうしたものが手に入りにくい場合は、メールを自分用に会社から送るのも良いでしょう。

色々な方法がありますが、先方に悟られないよう証拠を集める事が肝心です。

残業代請求に掛かる弁護士費用は?