残業代請求完全マニュアル

問題視されるパワハラ

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 問題視されるパワハラ

問題視されるパワハラ

弁護士が行っている専門業務の中にパワハラと呼ばれるものがあり、社会人を中心に相談する方が増加している傾向があります。これは職場での職権を利用した一種の嫌がらせとなっており、暴言や暴力などが行われることもあります。近年多くの企業で問題視されているものでもあり、ある会社ではポスターなどを貼って対策をするなどがされています。日本で急上昇中のものとなっているので、自分が加害者にならないためにも部下への対応には注意をすることが大切です。

パワハラは民法上の不法行為

パワハラとは基本的に親告して初めて成立するものとなっており、法律的には民法上の不法行為として処罰されることが多いです。そのため相手を訴えたいと思った場合には、弁護士に相談をして対策を練ることが不可欠です。しかし闇雲に相手を訴えても効果がないため、被害者である程度の証拠を集めておくことがポイントです。ICレコーダーやカメラなどに相手の暴言や暴行を記録することで、法的効力を持った証拠品として相手を訴えることが出来ます。

弁護士による無料相談実施中!千代田中央法律事務所

弁護士や法律事務所に相談をすることによって、自分が受けているパワハラについてどうすれば良いか対処をしてくれます。しかしここで一つ注意すべき内容があり、すべての法律事務所などでこの問題を扱っているわけではないです。弁護士の業務範囲についてはパワハラ以外にもたくさんあり、交通事故や刑事事件などと複数あります。そのため依頼をする場合においては、事前にホームページか電話で事務所に一言連絡をするのが好ましいです。