残業代請求完全マニュアル

弁護士に依頼するメリット

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

残業代請求は、企業に対して自分ひとりの力でおこなうことが可能です。しかし、通常は経営者つまり立場が上の人に対しておこなうことになるため、精神的なダメージが蓄積されていくケースが多いです。

たとえば、未払いの残業代を計算するために、まずは就業規則や給料明細書などを用意しなければなりません。就業規則があれば、残業に対する具体的な賃金、たとえば1時間につきいくらといった情報を確認できます。

給料明細書があれば、それが支払われていたかどうかを確認できるのです。具体的にどのくらい残業をしたのかを証明するタイムカードも必要ですが、これは比較的用意しやすいです。
ところが就業規則や給料明細書に関しては、社員が渡されていない場合には、経営者からもらわなければなりません。

正確な金額を計算できる

そのためまずはこの時点で、気まずさを感じる人も少なくないのです。さらにその後、請求できる正確な残業代を計算することになるので、その手間もかかります。

そして計算できたら、今度はそれをもとに、経営者に残業代請求をすることになるのです。ところが弁護士に依頼することで、こういった作業は全て代行してもらえるようになります。依頼すれば、手間隙をかけずに済みますし、精神的なダメージも軽減させることができます。

弁護士による無料相談実施中!千代田中央法律事務所

また弁護士は、法律のプロですから、法的なアプローチや交渉を得意としています。もちろん経営者に対して萎縮したり遠慮したりすることもないので、個人が交渉するよりも残業代請求を成功させやすいのです。
こういったメリットがあるため、残業代請求において弁護士を頼りにする人は多くいます。依頼した場合の着手金は、一般的に5~8%、成功した場合の報酬は、10~15%ほどとなっています。