残業代請求完全マニュアル

証拠となるデータの種類

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 証拠となるデータの種類

証拠となるデータの種類

残業代を請求するにあたって、証拠集めは一番重要です。
この証拠の質によって、残業代請求の成功率が変わってきます。
残業の証拠は、いろいろな手段で残しておく事ができます。
例えば、タイムカードで記録された時間が証拠になるのは一般的です。
時間がきちんと書いてあるので、証拠能力はばっちりです。
しかし、しっかりしている分証拠を隠滅されやすいという欠点があります。

そこで、個人的に記録をつけるという方法があります。
例えば、日報も証拠能力があるといえます。
残業した時間や、仕事内容を記録しておくことで、それが証拠として使える場合があるのです。
また、得意先に送ったメールの履歴なども勤務実態を証明する証拠となります。
パソコンの記録を取る事ができれば、それも証拠として使える場合があります。

証拠として若干弱いのが、手帳に記録した勤務実績です。
自分の手帳にメモとして時間を残しておいたら、それが勤務実態の証拠として使えるらしい、という話もあります。
しかし、最近はこの方法が残業の実態として認められる証拠にあまりならないのが現状なので、補足程度に考えておくのが良いでしょう。

さて、残業中に何をしていたのかを証明できるとなお安心です。
勝手に会社に残って、遊んでいたのでは?と言われてしまうと、仕事をしていたことを証明する必要が出てくるためです。
こうした証拠としては、残業の指示を受けたということが分かる「残業指示書」などが最適です。
また、業務中の内容が分かるメールや、その時間に仕事をしていたことが分かるパソコンの記録なども集めておくと良いでしょう。
とにかく、上司からの指示で残業をしたのだということを証明できれば、未払い残業についての請求はスムーズに進むでしょう。

残業代請求に掛かる弁護士費用は?