残業代請求完全マニュアル

労働問題の行政指導

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 労働問題の行政指導

労働問題の行政指導

労働問題と一口に言っても、様々なものがあります。よく世間的に言われていることは、超過勤務です。労働基準法に定められている時間以上に働いているという人がたくさん居ます。しかも、残業手当や休日出勤手当などが出ないという会社もあります。これは法律的にも問題となることから、行政指導が必要となります。

このような状況に置かれている労働者は、ただちに信頼できる弁護士に相談してみることが大事です。最近はブラック企業という言葉も出てきています。ブラック企業に勤めている人は、改善方法を考える必要があります。労働問題を専門的に取り扱っている弁護士事務所は、インターネットで簡単に探すことができます。

複数名で動くのが効果的です

個人的に依頼するというよりも、同じような状況に置かれている人が複数名、集まって、行動を起こした方が効率的です。社内に超過勤務で困っている人が居る場合には、一緒に相談に訪れてみることをお勧めします。

企業にとっても、問題が持ち上がってしまうと信用問題につながってしまうことがあり、ダメージとなります。できるだけ穏便に解決できるようにするためにも、行政指導として弁護士が介入することが一番です。労働問題の中でも賃金に関することは昔からよく取り上げられています。

弁護士による無料相談実施中!千代田中央法律事務所

正社員のみならず、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトというように、様々な雇用形態があるため、それによっても問題は違ってきます。アルバイトであっても、適正な賃金を支払っていない場合には、もちろん、行政指導がなされることがあります。

こじれてしまうと、裁判沙汰になってしまうことも少なくありません。事が大きくなる前に、弁護士に介入してもらうことをお勧めします。