残業代請求完全マニュアル

残業代の額を計算しよう

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > 残業代の額を計算しよう

残業代の額を計算しよう

残業代請求において、必ず行うのが請求する額の計算です。
そのためには、実際に働いていた時間数を計算する必要があります。
ただ時間だけ分かればよいというだけではなく、労働した時間帯も計算に関わってきます。

そもそも、残業時間というのは2種類に分かれています。
法定労働時間と、所定労働時間です。
法定労働時間というのは、休憩時間を除いて1日8時間、1週あたり40時間という、労働基準法に定められている時間を指します。
これを超える時間の残業がまず一つ。
次に、所定労働時間は、会社が規程で定めている労働時間を指します。
会社の始業時間から終業時間までの間で、休憩時間を除いた時間を指します。
所定労働時間は法定労働時間の枠内に作らなければならない決まりなので、通常は8時間以内に収まるようになっています。
この所定労働時間を超えていて、法定労働時間の枠内に収まる残業を「法内残業」と呼びます。

一つ目の法定労働時間外の残業については、通常支払われる給与の一時間あたりの金額に、割り増し率がかけられ、多めの金額が加算されます。
いっぽう、法内残業については、割り増しの制度はなく、残業したぶんだけ通常の賃金が支払われます。
つまり、割り増しがかかる時間数と、かからない時間数を別々に割り出して計算しなければならないという訳です。

これに、さらに割増率の高い「深夜労働」「休日労働」などが加わるため、残業代の計算は非常に複雑なものとなります。
もしできるならExcelなどのソフトを使い、自分のトータル残業時間数を割り出すのが良いでしょう。
現在は、未払い残業代の計算に使えるサイトなどもあるので、上手に利用すると良いでしょう。

残業代請求に掛かる弁護士費用は?