残業代請求完全マニュアル

ブラック企業を相手に訴訟を起こすには

残業代請求完全マニュアル
残業代請求完全マニュアル > ブラック企業を相手に訴訟を起こすには

ブラック企業を相手に訴訟を起こすには

労働基準法を守らず違法労働を行っている会社をブラック企業と呼ばれていますが、中にはこの企業を相手に訴訟を起こす人もいます。その場合に必要なものとして自分の職務記録となっており、タイムカードやパソコンなどのログイン履歴が該当します。

また目に見えない上司などの発言については、ICレコーダーに録音することで証拠として活用することが出来ます。こういった証拠を複数用意することによって、ブラック企業相手に訴訟を起こすことが可能となります。

仮にブラック企業相手に訴訟や裁判を起こす場合においては、経験豊富な弁護士に依頼をすることが一番のポイントとなります。特に裁判官出身である弁護士に依頼をすることで、高い確率で依頼者が勝利をすることが出来ます。

理由として裁判官は法律職の中でもトップクラスの難易度があり、弁護士の中でも特に優れた知識が必要となります。また法廷の駆け引きから裏の事情にも精通していることが多いので、実際の裁判でも冷静に依頼者に有利な証言をしてくれることが多いです。

弁護士による無料相談実施中!千代田中央法律事務所

ブラック企業を相手に何らかの法律的訴えをする場合においては、弁護士の他に労働基準監督署を利用するのも良い方法となります。労働基準監督署とは労働基準法に基づいた業務を行う機関であり、仕事に関する色んなことを相談出来る場所でもあります。

基本的に法律に基づいて行動する機関であるため、会社が労働基準法に違反した場合には心強い味方となってくれます。この問題については一人で解決するのは困難であるため、積極的に活用をするのが正しい判断となります。