請求手続き

請求手続きについて

過払い金請求手続きとは?

過払い金請求手続きとは、払いすぎた利息を取り戻すことです。

利息制限法の上限金利である利用限度額に応じて15%から20%以上の金利で契約して支払っていた利息は違法な利息ですので、取り戻すことができるのです。

ただし、いくら違法な金利で契約をしていたとはいっても取引年数が短いとなると過払い金が発生していないケースもあります。

素人だと判断がつきにくいこともあるため、法律事務所などにまずは相談をしてみることです。

個人で?弁護士に依頼?

過払い金請求手続きをする際ですが、返還に成功したら手元に現金が残るのでメリットだけなのですが、デメリットも存在します。

過払い金は、個人でも取り戻すことができることです。弁護士に頼まないと返してもらえないといったイメージがありますが、個人でも返還請求はすることができるのです。

ただし、過払い金の金額などで折り合いがつかない場合訴訟へと移行すると裁判所へ出廷が必要になります。平日なので、その場合は法律事務所に依頼したほうが代行で手続きしてくれます。

デメリット

過払い金請求のデメリットですが、返済中に行うのか完済してから行うのかでだいぶ違ってきます。

完済してれば着手金無料で行ってくれる法律事務所が多いのですが、返済中の場合だと着手金がかかります。

また、過払い金が返還されることになっても借金がそれでも残る場合は任意整理の手続きとなります。

そうなると、また借金返済をし続けなければならないことと、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうデメリットがあります。
過払い金請求のための専門相談窓口/弁護士の相談・着手0円